• Misako

トリミング技術を定着させる毎日の習慣。学んだ事の7割は誰でも忘れてしまうという事実

更新日:1月2日


【人は忘れるという前提】




私はADHDの特徴が強いため、定型者よりも更に忘れる

生き物です(笑)



人間にはワーキングメモリーというものがあるのですが、

そのメモリ容量はひとそれぞれです。



ここに整理された優先順位が付くと、生活がしやすい

そうです。


ちなみにパソコンスペックに例えると、

私の脳の特性上、生まれつきこのメモリが1GBぐらい

しかありません(笑)

※通常8GBくらいが目安ですかね・・・



優先順位をつけても、忘れゆく順番はそれに伴いません。



なぜこの話をするかというと、私の場合忘れることに

関しては、極端に忘れる機能を備えているわけなので、

忘れないようにするというのは、皆目不可能です(笑)



エビングハウスの忘却曲線の話を聞いたことが

あるでしょうか?


人は忘れる生き物だというお話をしましたが、

【忘れる】というプロセスはどんな人でも

同じように忘れていきます。


技術のスキルアップを目的に、セミナーやスクールに

参加をし、何かを学んだとしても

20分後には42%

1時間後には56%

1日後には67%

1週間後には75%忘れるという

ドイツの心理学者が数値化した曲線があります。



どんなに有名な技術者でも、【忘れる】ことは

みんな共通なんですよ💦


それを

嘆いていても仕方がないので、『じゃあ、どうするか?』

ということなのです。


前の記事で『うさぎとかめ』の話をしました。

ストーリーにはあげましたが、私はうさぎタイプです。



ちょっとサボると走っていたことを3秒で忘れるぐらい

何でもすぐ忘却しますし、競争心が元々皆無なので、

それによって負けるとか置いていかれるとかいうことにも

さほど恐怖がありません。



私が嫌なのは、そういう自分の振る舞いで、自分のスキルが落ちた時、困るのは誰か? という部分です。



私が触れる犬たちが、そのシワ寄せを食らうのです。



だから、自分は忘れるいきものだという自覚と、

なにをどう忘れるかを理解しておくことは、

『じゃあ、どうするのか』のヒントになります。




どんな小さなことも、何十年と繰り返して、今でも

変わらず反復し続けているのです。



おかげで、ベイジングの効率的なやり方を忘れて

いません(笑)



ただ、私の場合極端に忘れますが、人間多かれ少なかれ、

忘れていく生き物であることは誰しも同じです。



私のように、忘れることを人生のテーマにしたのか、と

いうぐらいに忘れる仕組みを徹底している脳の

持ち主でも、